ミルクを作るなら軟水を使おう

赤ちゃんのミルクを作るなら、【軟水】を使いましょう。
国内の粉ミルクメーカーは、基本的には粉ミルクを溶かす水を水道水を煮沸させて使うことを前提としています。

しかし、水道水には残留塩素や鉛はじめ重金属含有の可能性等の有害物質のおそれがあります。
一方、ミネラルウォーターは上記問題はクリアしていますが、ミネラル分が豊富すぎると赤ちゃんが消化しきれず腎臓負担が大きくなってしまいます。

そのため、赤ちゃんのミルクを作る時、ミネラルウォーターを使うなら、なるべく水道水に似たミネラルウォーターを選ぶことが重要です。
日本では水道水の硬度(ミネラルの多さを表す尺度で大きいほどミネラルが多い)がだいたい60位であり、ミネラルウォーターも硬度60以下のものを選んで、ミルク作りに使うことをお勧めします。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ